柿色の夜桜

こんばんは<m(__)m>

めだか日本海です。

まだ先のことと思っていたら、紅白、夜桜などが産卵をはじめていて昨日からあわてて種親の
選別を行っています。

昨日の新潟は最高気温27度、今日は25度で産卵もおかしくはないのですが。

水かえをしながらの選別では、成長と共にラメが増え綺麗になった個体、その反面期待してい
た個体が二軍落ちにと様々でした。


↓ 青黒タイプだったのが、胴体に黄色とラメが増え見違える個体になったオスとメスです。

1524397614724


次は柿色の夜桜です。
一昨年、水温の下がった9月下旬から10月にかけて、冬場の加温飼育として最後の採卵を行い
ました。
その中から柿色の夜桜が数匹出現しかもオスとメス。
もう1回あやかりたいと、昨年採卵して100匹位育てたら、なんと面白いのが1割出ました。
その中の2匹です。

_20180422_155356


_20180422_154140


_20180422_153904


_20180422_153631


明日は公休、水かえ頑張るか、パチンコに行くか悩んでいるめだか日本海でした。





よろしければ、
 ポチットお願いします。 







紅白

こんばんは<m(__)m>

めだか日本海です。

先日お知らせしたとおり、紅白を紹介します。

_20180418_200231

 ↑ 義弟の紅白で、綾錦、紅観音の血に新しい血をいれています。
   冬場での加温は一切していないので3年がかりでようやくできた紅白です。

    
_20180418_194630


紅白は、白い肌の上に紅が乗ったのが紅白ですので、できる限り白い肌に乱れのない紅を
目指しています。
つまり、頭部から胴体に乗る紅はベタッとしたものを目指すということです(厚み)


_20180418_194700


写真がボケボケですみません。
二匹とも、素晴しい白地と紅質で種親として申し分ないと思います。
しかし、品位としては断然左の紅白で、口先は白く抜け白地と紅の境目はカミソリで切った
ようにハッキリしています。しかも胴体最後尾と尾ひれの付け根部分(尾止め)が白く抜けて
いて理想の二段紅白と言えると思います。


_20180418_195711


紅白は丹頂も綺麗ですが、二段紅白、三段紅白が好みです。

綾錦、綾錦×紅観音と比べた場合、一番の紅白はと聞かれたら互角が正直な答えです。

しかし、残念なことは写真のような紅白は数は多く出ないのが現実です。





よろしければ、
 ポチットお願いします。 









こんばんは<m(__)m>

めだか日本海です。

先日の記事 女雛では、皆さんから沢山の応援をいただきありがとうございました<m(__)m>

今後も皆さんから、楽しみにしてもらえるメダカを紹介していきますのでよろしくお願いします。


今日は、我が家のトップクラスの煌を紹介します。

初公開です(汗)

煌は夜桜×女雛の交配品種で、黄色〜柿色の体色表現に体外光を乗せた個体です。

黄色、柿色の体色表現を持つ個体でも、体外光がなくラメが入った個体であれば煌ラメ、体外
光、ラメがなければ煌の兄弟魚となります。


冬場で色も薄く、光も細くなりましたが徐々に綺麗になってきました。

_20180416_192435


_20180416_193052


柿色の二段模様に体外光が入りお気に入りの個体です。

_20180416_192608


_20180416_192530


頭部の柿色が明るく、胴体は柿色、青色などが複雑に入り目を引く個体です。

_20180416_192656


_20180416_193123



次回は紅白を紹介します<m(__)m>




よろしければ、
 ポチットお願いします。 







ギャラリー
  • 柿色の夜桜
  • 柿色の夜桜
  • 柿色の夜桜
  • 柿色の夜桜
  • 柿色の夜桜
  • 紅白
  • 紅白
  • 紅白
  • 紅白
カテゴリー
  • ライブドアブログ